お花見カチューシャ

お花見カチューシャ [ 春/3月 ]

お花見の起源・由来

お花見は、奈良時代の貴族が始めた行事と言われており、当初は中国から伝来した梅の花を観賞するものだったようです。 平安時代に入り、お花見の花が梅から桜へと移り変わっていきました。 桜の花でのお花見の起源は、「日本後紀」によると、嵯峨天皇が催した「花宴の節」という宴であると記されています。(オマツリジャパンWEBサイトより抜粋)

作成の経緯

このカチューシャからジオラマ・ミニチュアカチューシャが始まりました。新型コロナウイルスの最初の緊急事態宣言下で、お花見など行楽や宴会等々の制限があり。季節を感じる行事も出来ない中、じゃぁ、せめて、私の頭上で(トラックドライバーは給油の際、私の頭上を見下ろす形になる事が多いため)季節を感じてもらおうと、趣味だったミニチュアスイーツ&フードの技術を生かして考案。

ここから全てが始まりました。

お花見カチューシャ

お花見カチューシャ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA