土用の丑の日カチューシャ

土用の丑の日カチューシャ [ 初夏/7月 ]

土用の丑の日とは

土用の丑の日(どようのうしのひ)/土用丑の日(どよううしのひ)は、土用の間のうち十二支が丑の日である。「土用」とは五行思想に基づく季節の変わり目を意味する雑節(ざっせつ)で、四季の四立(立春、立夏、立秋、立冬)の直前の約18日間を指す。この期間中の丑の日は、年に平均6.09日あることになる。

一般には、夏の土用の丑の日のことを、単に土用丑の日と言うことが多い。夏の土用には丑の日が年に1日か2日(平均1.57日)あり、2日ある場合はそれぞれ一の丑・二の丑という。以下、夏の土用の丑の日のことを単に土用の丑の日と呼ぶこととする。平気法では土用の定義が異なる(ただし丑の定義は同じ)ため土用の丑の日が異なる年もあるが、ここでは太陰暦以来普及している定気法での土用を用いる。

春の土用の丑には「い」、夏の土用の丑には「う」、秋の土用の丑には「た」、冬の土用の丑には「ひ」の付く食べ物をとると良いとされ(土用の食い養生)、特に夏の土用の丑の日には鰻を食べる風習が江戸時代からみられる。※Wikiより抜粋※

作成の経緯

土用の丑の日はその年によって異なる事を知らない人もおおかったり、土曜日限定と思ってる人も多かった感じがしたので、季節感あるなーって作成。

脱走しようとするウナギさんの姿が最初に浮かんだので、まずはそこから。このあたりからシンプルで明確で頭上で軽い構成を意識して作り出す。が、この方がメインがパって解るので構図として好評だった。

土用の丑の日カチューシャ

土用の丑の日カチューシャ

脱走開始のウナギさん

脱走開始のウナギさん

お高いのでミニチュアで

お高いのでミニチュアで

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA